読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉にありがとう

筋トレに人生を救われた筆者が、筋トレや仕事、不動産などについて語ります。

スポンサードリンク

単純なトリックに引っかかりそうになりました…

コピーライティング

先日、登録していた某出版社のメルマガから、
こんな素敵なタイトルのメールが届いた

f:id:matsui8401:20160324221759p:plain 
なんだか素敵な「プラチナグループ」とやらに選ばれたらしい。
 
ランディングページを読んでみると、総額で数100万円以上の賞品を
プレゼントしてくれるらしい。
 
「よっしゃー」と思ってよく読んでみると、
どうやら50万円(分割あり)の割引価格で販売しますよ、とのことだ。
 
結局、価格の部分で折り合いがつかなかったのだが、
ビジネスを志すものとしては、非常に魅力的なオファーであったとともに、
我ながら、けっこう単純な手に弱いのだな、ということがわかってしまった。
 
というのも、メールのタイトルである「〇〇・プラチナグループ」という
特別選抜された感じのあるタイトルを見て「なんかいいことあるのか?」
とワクワクして開封してしまったからだ。
 
コピーライターとしては「特別感を演出してレスポンスを引き出す」のは
ありきたりで使い古されたテクニックだと思っていた。


しかし、いざ自分が飛びつかされてみて、改めて基本に忠実なテクニックと、
信用が重要なのだと感じさせられた。
(タイトルだけを見ればよくあるスパムメールのタイトルなのだが、
信頼と実績の某出版社のメルマガなので、糞みたいな話ではないという
前提があったのは無視できないポイントだ)
 
今回はここまで。
 
スポンサードリンク