読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉にありがとう

筋トレに人生を救われた筆者が、筋トレや仕事、不動産などについて語ります。

スポンサードリンク

てっとり早く見た目を変えるための筋トレメニューは?

筋トレ

これから少しずつあたたかくなり、薄着になっていく。

 

冬は厚着で隠していた体型も、
いよいよごまかせなくなるのだ。

 

だから、4月の新生活スタートを機に筋トレを始める人もいることだろう。

 

そこで、今回の記事では、てっとり早く見た目を変えるために、
私なりに考えたトレーニングを2つだけに絞って紹介しよう。

────────────────────────────

スクワット

f:id:matsui8401:20160325185957j:plain

まず最初にお勧めしたいのは、トレーニングの王様、スクワットだ。

 なぜスクワットがおすすめかというと、大量の筋肉を
一気に動員できるので脂肪を燃やすことができるからだ。

 

そもそも、人間は二足歩行をする関係上、
筋肉のほとんどが下半身に集中している。

 

つまり、下半身を強烈に刺激するスクワットを行えば、
体中の筋肉の大半を動員できるので、
一気にエクササイズの効果を得られるのだ。

 

脂肪を一気に削ることができれば、あこがれの6パックの腹筋も
最短距離で手に入れることができるだろう。

 

 

最初は自重で構わない。

自重になれて来たら、ダンベルやバーベルを背負ってやってみよう。

 

ちなみにダンベルやバーベルを使うと、下半身だけでなく、
脊柱起立筋や腹筋にも同時に強烈な刺激を与えられる。

────────────────────────────

ショルダープレス

f:id:matsui8401:20160325190059j:plain

ここで人気種目の ベンチプレスでなくショルダープレスをおススメするのは、
細く見える体型を最短時間で作りたいからだ。

 

細く見せるには、男も女もくびれが重要になる。

 

くびれを作るためには腹筋を鍛えるべきなのでは?と考えがちだが、
腹筋は人体の中ではあまり大きくないので消費カロリーが少ない。

 

さらに内臓を守るという
働きがあるために、なかなか脂肪を削るのが難しい。

 

そこで、スクワットでお尻を鍛えながら、肩を鍛えて、
肩と腰を大きくすることで、くびれを作ろうではないか、
という狙いがある。

 

最初はペットボトルを上げ下げしてトレーニングをすればよいだろう。

慣れてきたらジムでダンベルを使って、より強度を高めよう。

 

そうすれば、広い肩幅が手に入るだろう。

 

なお、肩幅が大きくなれば、相対的に顔も小さく見えるので、
小顔効果もオマケとして期待できる。

────────────────────────────

 いかがだっただろうか。

 

もちろん、これに加えて広背筋や胸筋を鍛えれば、
かなりカッコ良い体型になれるだろう。

 

もし、可能であればパーソナルトレーナーをつけて
相談しながらトレーニングをすれば、
より効果的・効率的に見た目を変えることができる、

 

まずは3週間だけでも構わないので、取り組んでみよう。

 

今回はここまで。

スポンサードリンク