読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉にありがとう

筋トレに人生を救われた筆者が、筋トレや仕事、不動産などについて語ります。

スポンサードリンク

確定申告の還付金が還ってきた

不動産

f:id:matsui8401:20160328113951j:plain

つい先日、税務署から還付金を振り込んだ旨の通達がきた。

 

2月中旬のけっこう早い段階で申告書を提出したので、
還付金が振り込まれるタイミングも早かった。

 

やはり、日頃の行い(?)が良い方が、
早く良いリターンが得られるということなのだろうか?

──────────────────────────────────

【資産を持つことの良さ】

とはいえ、還ってきた還付金の額は決して大きくはない。

 

昨年の収入がそこまで多くなかったので、
当然といえば当然だ。

 

しかし、問題は還付金の額の多寡ではない。

 

重要なのは資産を持ち、それを維持し続けるということだ。

 

不動産は、よほどのことがなければなくなるものではないし、
存在し続けるだけで、節税や信用の構築など、
様々な恩恵をもたらしてくれる。

 

これは文字通り「半永久的」に続くのだ。

 

確かに、大金を一気に手に入れられるような派手さはないが、
いざという時に自分を守ってくれるセーフティーネットのような役割がある。

──────────────────────────────────

【投資は2種類存在する】

このように、自分を守ってくれる不動産投資の他にも
別の投資も並行で行っているのだが、投資には2種類の投資が存在する。

 

1つめが守りの投資。

これは不動産や、自己年金など、自分が何かあった時に
守ってくれるセーフティーネットだ。

 

一気にキャッシュを増やすような派手さはないが、
堅実かつ確実に資産を守ってくれる。

 

二つ目が攻めの投資。

これはFXや株式、リスキーな投資信託を指す。

爆発的にキャッシュを増やしてくれるので、
資産を形成するにはうってつけだ。

 

ただ、リスクとリターンはイコールなので、
キャッシュを失ったり、下手をすれば損を出すこともあり得る。

──────────────────────────────────

このように、2つの性格を持つ投資をバランスよく行うのが、
賢い方法だと思う。

 

ただ、少なくとも不動産投資による恩恵は受けられているので、
私は幸せ者だ。

 

とはいえ、まだまだ私は資産もキャッシュも足りていない。

 

日々研鑽していこうと思う。

 

今回はここまで。

スポンサードリンク