読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉にありがとう

筋トレに人生を救われた筆者が、筋トレや仕事、不動産などについて語ります。

スポンサードリンク

人は見た目が大事。ならば筋トレしようよ

筋トレ

f:id:matsui8401:20160329110908j:plain

数年前に「人は見た目が9割」というタイトルの本がベストセラーになった。


当時、このタイトルをみて「結局顔かー!」とかアホなことを言っていた
のが懐かしいが、今となっては非常にしっくりくる。

 

ちなみに私は「見た目を整えることで、コミュニケーションが円滑になる」と解釈している。

 

決して「見た目が悪い(顔が悪い)ヤツは人生終わってる」という意味としては捉えていない。

 

そこで、今回は”見た目”について話そうと思う。

────────────────────────────────

◆見た目を整える努力ほど、てっとり早くリターンが得られる投資はない◆

メラビアンの法則をご存じだろうか。

”コミュニケーションにおいては見た目の比重が多くを占める”というあれである。

 

ちなみにWikipediaによると、下記のように書かれている。

感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった。

厳密には「メッセージの送り手がどちらとも取れるメッセージを送った」場合、「メッセージの受け手が声の調子や身体言語といったものを重視する」という事を言っているに過ぎないのだが、今回は俗説的な部分にフォーカスして話を展開させてもらう。)

 

このように、コミュニケーションにおいて”見た目”が及ぼす影響というのは大きい。

なぜなら、見た目がしっかりしていれば、コミュニケーションが円滑になったり、
信頼関係を簡単に構築できるからだ。

 

逆に、見た目を整えるだけで印象が良くなったり、仕事や恋愛がうまくいくなら、

これほど簡単でてっとり早くリターンが得られる投資はない、といえるだろう。

────────────────────────────────

◆見た目のどの部分で勝負するか?◆

では、見た目のどの部分で勝負をするべきなのか?

 

結論から言うと、己の体、つまり筋肉で勝負した方が良いと私は考えている。

 

なぜなら「体を鍛える」こと自体は誰でもできることなので、
顔がかっこよくなくても良いし、相手に強烈な信頼感を与えることができるからだ。(決して相手を威嚇・威圧するためではない)

 

なぜ相手に信頼感を与えられるかというと、通常「体を鍛えている人」というのは
肉体はもちろん、精神力が強く、「簡単に逃げ出さない」イメージがある。

 

「生物として強い」とでも言おうか。

 

普通は逃げ出したくなるような、努力と信念の果てに、

鍛え上げられた肉体が存在する。

 

これを人間は本能的に知っているのである。

 

このように、鍛え上げられた体には、それだけであなたの人間性を表現できるくらい、
様々なメッセージが宿っているのである。

 

しかも、体はいつでもあなたとともにあるので、
いつでもどんな時でもあなたの人間性をアピールしてくれる。

 

スーツ姿でも、Tシャツ・短パン姿でも、寝起きだとしても、
体はいつでも変わらず"信頼感のあるあなた"を勝手にアピールしてくれるのだ。

 

実際に私も、体を鍛えだしてから人から信用してもらえることが増えて、
様々なチャンスを手にすることが増えてきている。

────────────────────────────────

◆服装でアピールするには?◆

私は”高い服やアクセサリーで見た目をアピールする”のは好きではない。

 

なぜなら、「高い服を着ているとき」しか見た目をアピールできないし、
「高い服」は信頼性・信用を担保するものではないからだ。

 

確かに、お金さえあれば一瞬で見た目を整えることができるし、
場合によってはそれだけで相手を魅了することもできるだろう。

 

だが、そこに信用や安心感はついてこないのだ。

 

あくまで、高い服やアクセサリーでアピールをするのは
威嚇・威圧をするためだろう。(本人が好きで着ている分には構わないが…)

 

それよりも、もし、服装でアピールをするなら
・安物のスーツでもしっかりとメンテナンスをする
・靴を磨く
・シャツにアイロンをかける
・髪形を整える
といった、”人間性が垣間見える部分”に投資をした方が誰からも好感をもたれるだろう。

────────────────────────────────────

ここまで話したように、見た目を整えるのは、一発逆転を狙うためではなく、

あくまで相手とのコミュニケーション・信頼関係を構築するためである。

 

そのためには、威嚇したり威圧したりするために見た目を整えるのではなく、
相手に信頼感・親しみを与える見た目の整え方をしなくてはならない。

 

そう考えた時に、やはり筋トレは非常にリーズナブルで、
しかも汎用性が高い、見た目への投資だと思う。

 

だから、「男は中身で勝負」とか言ってないで、
さっさとスクワットをしろ、といいたい。

 

今回はここまで。

 

スポンサードリンク