読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉にありがとう

筋トレに人生を救われた筆者が、筋トレや仕事、不動産などについて語ります。

スポンサードリンク

副業で稼げない人の3つの特徴

ビジネスマインド 不動産

f:id:matsui8401:20160330163217j:plain

私は本業以外にも、不動産仲介業やコピーライティングの副業をしている。


今では、ごく少額ながらも稼げるようになっており、
どのようにすれば収入を発生させられるか、なんとなくコツがわかるようになった。


しかし、その一方で何か月やっても1円も稼げていない人もいる。

 

「本業があるからそれでいいじゃん」と言われればそれまでなのだが、
収入を増やすために希望を持って副業を始めたはずなのに、
いつまでたっても稼げないようでは、テンションも下がるというもの。

 

そこで、今回は「稼げてない人のやってること、その特徴」を洗い出してみた。

 

なぜ「稼いでいる人の特徴を挙げないか」というと、稼げている人はいろんな方法で稼いでおり、一概に「これをやると稼げる」というのは言えない。

それに、安いノウハウを売る怪しい情報商材みたいになってしまう。

 

だから「副業で稼げていない人」の特徴を挙げて、
その行動や特徴と真逆のことをすれば稼げるようになるになるかも、
という意図を込めて紹介させてほしい。

──────────────────────────────

◆稼げていない人の3つの行動・特徴◆ 

①アピール不足
f:id:matsui8401:20160415220053j:image
「自分は最近こんな副業(ビジネス)をはじめた」ということを黙っている人がいる。
 
わかっていると思うが、普通の人間にテレパシーはない。
言葉で伝えなければ誰にも伝わるはずがない。
 
伝えてなければ、お金が発生しないのは当然だ。
 
口でいうのもいいし、SNSやブログで発表するのもいい。
まずは「発信」しないことには何も始まらない。
 
もし、人に言うことが恥ずかしい仕事なら最初からやるな。
 
②信用がない
f:id:matsui8401:20160415220033j:image
きちんと情報発信をしているのに稼げないのは、やり方が良くないパターンもあるが、
それはやっていくうちに解決できる。
 
それよりも致命的なのは「言っているあなたが信用できない」ということだ。
 
いくら条件や品質が良い商品でも売っている人が信用できなければ、
誰も見向きもしないだろう。
 
だから、まずはあなたという人間が信用されることが大事なのである。
 
信用を築くには、日頃から見込み顧客(友達含む)とコミュニケーションをとるように努めたり、人間として礼儀・約束を守る、といった基本的なことをやり続けるしかない。
 
それを疎かにしてきた結果が信用のなさなのだから、
多少時間をかけるつもりで信用を構築していく必要がある。
 
③勉強ばかりしている
f:id:matsui8401:20160415220117j:image
これは学歴のある頭のいい人とか、まじめな人が陥りやすい。
 
「十分な知識や実力がついてからはじめます」といって、
結局何にも取り組まずに、数か月数年と経過していく。
 
また、似たようなもので「実績を出してからやります」というものがある。

これもおかしな話なのだが、実践するから実績が出るのではないだろうか。
 
この場合、一つの大きな疑問として「実績」とはどのレベルの実績をいうのだろうか?
仮に「日本一レベル」になってから実践するとしたら、いつになるのか?
その「日本一レベル」とはいったい誰が判定するのか?
 
答えは出ない。
 
これらの発言の正体は単純に「自信がないから」の一言に尽きる。
 
おおまかな概要と道筋だけを決めたら、やってみてから考えたほうがいい。
 
自信や実績はやっていくうちについてくる。
最初はあなたの人柄や行動で勝負するしかないのだ。
──────────────────────────────
いかがだっただろうか。
 
偉そうに講釈を垂れておいてなんだが、
私にも思い当たる節がまだあるので改善しなくてはいけない。
 
ちなみに、「諦めが早い」を項目に入れなかったのにはワケがある。
 
それは「結果が出るまでやらなきゃいけない」と考えると
始めるのが億劫になりがちだからだ。
 
「気軽にはじめて、気軽にやめてみる」
そんな軽い気持ちでいた方が、何にでも挑戦できるし、
結果として、はやく稼げるようになるのではなかろうか。
 
せっかく意欲を出して副業に取り組むのだから、
いきなり大きな結果を求めないで小さな結果でいいから、
気軽に少しずつ実績を積み上げていこう。
 
それがかけがえのない自信になるのだから。
 
今回はここまで。
スポンサードリンク