読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉にありがとう

筋トレに人生を救われた筆者が、筋トレや仕事、不動産などについて語ります。

スポンサードリンク

ネットワークビジネスでは不労所得(権利収入)は作れない?

ビジネスマインド その他

f:id:matsui8401:20160331141810j:plain

不労所得

 

サラリーマンであれば、だれもが一度はあこがれる収入形態だ。

 

不労所得を得るには、サラリーマンの労働収入以外の道を作らねばならない。

 

例えば、投資でロイヤリティを発生させたり、発明で特許をとったり、出版で印税を手に入れたり、アフィリエイトで自動的に売れる仕組みを作る、といった方法だ。

 

そして、一般的にはネットワークビジネスでも不労所得(権利収入)を
手に入れられる、と言われている。

 

私は、過去にネットワークビジネスの世界にいたことがあるし、
現役でやっている人ともまだ交流がある。

 

だから、多少はこの業界について知っているわけだ。

 

そこで、今回は「ネットワークビジネスでは不労所得は作れるのか?」
ということについて話そうと思う。 

────────────────────────────────

ネットワークビジネスでは大半が自転車操業にならざるを得ない◆

投資をはじめとした他の不労所得ネットワークビジネスの大きな違いとは何だろうか?

 

例えば、投資では事業や株式といった「モノ」にお金を投じて、
お金にお金を生んでもらうことが大前提だ。

 

また、発明や印税の場合は「知的財産」がお金を生み続けるし、
アフィリエイトの場合はサイトがお金を生み続ける。

 

このように、これらの不労所得はモノや目に見えない知識といったものが
お金を生み続けるものである。

 

一方のネットワークビジネスでは”人間”というナマモノを扱う。

確かに、ナマモノなので爆発的に利益を伸ばす可能性もある。


しかし、それはピッタリとハマった時くらいで、
だいたいの人は結果が出せずにモチベーションが落ちたり、
不満をためてしまうので、放っておくとグループが崩壊を始める。

 

だから、定期的にテンションを上げさせるためにセミナーを開いたり、
アップラインの強烈なカリスマ性でもって、グループをつなぎとめる、
といった工夫・努力が必要になる。

 
要するに、商品を流通させることよりも、
グループのテンションを維持することが重要になっていくのである。
 
だから、ハッキリ言ってネットワークビジネスのリーダーたちは、
不労所得なんて手にしていない人の方が多く、
彼らは普通のサラリーマン以上にめちゃくちゃ働いているのである。
 
もちろん、投資やアフィリエイト、知的財産も永続性があるわけではないので、
定期的にメンテが必要だが、ナマモノのメンテと比べれば、コントロールはしやすいし、あまりカロリーはかからないだろう。
────────────────────────────────

◆完全に手放しで生きていくには、相当なボリュームが必要◆

だが、中にはほとんど何もしなくても生きていけるくらいの
収入を発生させ続けているネットワークビジネスのリーダーも存在する。
 
彼らこそが、本当の成功者なのだろう。
 
そして、これらの本当の成功者に共通している特徴は、
私が知る限り下記の3つに集約されると思う。
 
ネットワークビジネスの黎明期にスタートしている
②ちょっと誰かが抜けたくらいではビクともしない膨大なグループを所有している。
ネットワークビジネスの前に、ほかの事業でも成功していた
 
このように、本当の成功者はタイミングが良かったことに加え、
そもそもビジネスの経験があったことで、
コツや感覚の部分でアドバンテージがあったと思われる。

中には【普通の主婦で…」という成功者もいるだろうが、
時代的な追い風を受けた可能性は高いだろう。
────────────────────────────────
「いつ始めても成功できるよ」と入会するときにアップラインは言う。
 
確かに、頑張ればそれなりにタイトルを獲得できる可能性はあるし、
ルール上は不労所得を手に入れられる可能性はある。
 
しかし、いざ本当の不労所得を手に入れるには
非常に高いハードルがそびえたっていることを知らなくてはいけない。
 
「年収1000万円」に到達してもそれを維持できなければ意味がないのだから。
 
ここまで、ネットワークビジネスをdisってきたわけだが、
不労所得」ということにこだわりすぎなければ、
意外と得られるものもあるのではないだろうか?
(詳細はこちらを参照)
 
私はもう関わるのはやめてしまったが、
それによって得られたご縁はこれからも大事にしていくつもりだ。
 
今回はここまで
スポンサードリンク