読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉にありがとう

筋トレに人生を救われた筆者が、筋トレや仕事、不動産などについて語ります。

スポンサードリンク

【毒を以て毒を制する】たまにはジャンクフードを食べた方がいい理由

プロテイン

f:id:matsui8401:20160414121753j:plain

一部の人たちの間ではコンビニ弁当や、インスタント食品を忌避する機運が高まっており、オーガニック食やベジタリアン食などを提供するお店が増えてきた。
 
これらのお店で食事をしてみるとわかるのだが、
めちゃめちゃ美味しいし、雰囲気もオシャレでハマってしまう気持ちもよくわかる。
 
美味しくて、しかも体に良いのだから、オーガニック食やベジタリアン食は、
理想的な食事スタイルの一つといえるだろう。
 
だが、これらのお店を利用する人の中には、ヒステリックなまでにジャンクフードを忌避し、オーガニック食や、健康食にこだわる人がいる。
 
その発言や表現の過熱ぶり、過激さは、もはや原理主義者」
といっても過言ではないほど凄まじいものがあり、
私もちょいちょい迷惑している。
 
そこで、今回は「たまにはジャンクフードも悪くない」
ということを話させてもらおう。
==============================

◆オーガニック信者のイタイ姿◆

 
たしかに、体を気遣うという点においては、
栄養満点で、余計な物質も含まれていない有機野菜は、
筋トレをする私にとっても理想的な食品だ。
 
だから、私もたまに栄養の多いオーガニック食や、
ベジタリアン食を食べて、コンディションを整えることがある。
 
だが「コンディションを整える」という範疇を超えて、
過剰なまでに、オーガニック食やベジタリアン食、ヴィーガンにハマる人がいる。
 
それらは一般的に「オーガニック信者」と呼ばれており、
ヒステリックなまでに健康食にこだわっている。
(オーガニック信者をまとめているのは下記のサイト)

nikkan-spa.jp

 
特に、下記のような発言が目立つ人は、ほぼ間違いなくオーガニック信者だろう。
 
◆「マーガリンは食べるプラスチック」
◆「添加物ばかり食べると体の機能が失われる」
「ジャンクフードを作っている会社は日本を崩壊させようとしている」
GHQの作戦で日本は弱らされている」
◆「水道水は、体に悪いから飲むな。浄水だけを飲め」
◆「有機野菜も置いてないなんて、クソみたいなすーぱーだわ」
◆「化学物質が入ったシャンプーを使うと肌が荒れちゃう」
 
いかがだろうか。
正しいっぽいことを言っているように見えるが、なかなか過激な発言だろう。
 
このように、オーガニック信者は、オーガニックを活用しているというよりは、
信仰しているという方が適切で、発言もサイコでエキセントリックだ。
 
こうなると、周りから浮いてしまって、友達が少なくなり、
最終的にオーガニック信者同士で集まるようになるのである。
 
では、どんな人がオーガニック信仰にハマりやすいかというと、
家族を持つ女性や、肌や体質が敏感な人が多い。
ネットワークビジネスの主要な層ともリンクしているといえよう)
 
きっと周囲の人たちから入ってくる偏った情報や、テレビの情報を鵜呑みにしてしまって、恐怖心や、正義感が暴走して極端な健康志向に走ってしまったのだろう。
(「私たちは真実を知っている」という感情が人を先導するのに
よく使われることを思い出してほしい)
===================================

◆毒を持って毒を制す◆

 
だが、私は健康食だけを食べていれば、健康になれるとは思っていない。
 
なぜなら、健康食ばかりを食べていては、
体が毒や異物に対しての耐性を失って弱くなると考えているからである。
 
これは予防接種と同じことで、体に定期的に毒を入れて耐性を作れば、
ちょっとやそっとの異物や病原菌がきても、不調にならなくて済む。
 
このように、一般的に「毒」とか「よくないもの」と考えられているものだとしても、取り入れ方によっては有益だし、むしろ体を健康にしてくれるのだ。
 
だから、私は筋トレをしながらも、ジャンクフードやお菓子、お酒など
一般的に体に悪いといわれているものも、避けずに摂取している。
 
それに、過剰なまでに添加物や栄養を気にして食事をして、何が楽しいのだろうか?本当においしく食べれているのだろうか?
 
食事はたしかに、生物的には「栄養摂取」ではあるが、
同時にコミュニケーションや、娯楽の時間でもある。
 
親しい人と楽しく美味しいものを食べることこそが、
心と体に健康をもたらすのではないだろうか。
 
私は「人生を楽しもう」と考えているので、ジャンクフードもオーガニックも、どちらも楽しくおいしく食べているし、周りの人にもそう在ってほしいと思っている。
 
============================
いかがだっただろうか。
 
かなりオーガニック信者についてはdisらせてもらったが、
あなたの周りにも過剰なまでのオーガニック信者が一人はいるはずだ。
 
もちろん、彼らには彼らの意見や考えがあって、そんな考えに染まっているのだが、
彼らは非常に押しつけがましくオーガニック食を勧めてくる。
 
だが、人には人の好みや価値観があるはずだ。
 
それを押しつけたり、力づくで変えさせようとする人は、
迷惑極まりないし、ハッキリ言ってうっとうしい。
 
私はこれからも私の好きなものを食べるし、好きなように鍛えると決めている。
 
だから、あなたもあなたの好きなものを好きなように食べて、運動して(筋トレ推奨)、心も体も健康に生きた方が良いと思う。
 
 
最後に、私の好きな漫画の一シーンをお届けして、この記事を終えようと思う。

f:id:matsui8401:20160411085200j:image

スポンサードリンク